雑貨店とカフェは「販促物」

flower
ここでのポイントは、雑貨店やカフェ等のショップはあくまでも集客のためのものであるということです。
すなわちショップは販促物の位置づけです。
そして、実際に利益を産むのは本業である住宅関連の商品の受注です。
ホームページや住宅情報誌への広告出稿自体が直接の利益を産まないのと同じように、ショップ運営で利益を上げるのではなく、あくまでも住宅事業で利益を出すという関係にあります。

◇ショップ=集客のための販促物
◇新築住宅・リフォーム・外構等=収益を生むための商品

という大前提をご理解ください。

ご興味ある方は是非ともセミナーにご参加ください。

「ビレッジ戦略セミナー」はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>