Red Bull Music Academy Tokyo 2014

rb

レッドブル主催の音楽学校/イベント、Red Bull Music Academy Tokyo 2014開催中。

同イベントはレッドブルが世界各地で行っている移動型のワークショップで、世界中から才能ある若いアーティストを集めてやってるもの。
詳細はこちらをどうぞ

今年はいよいよ東京開催。
たしか2011年にも予定されてて、震災の影響でキャンセルになったんじゃなかったかな?

開催期間中はワークショップと併行して、様々なライブやパーティーが行われます。
出演するのは基本的にはダンスミュージックを中心としたアンダーグラウンドシーンの新鋭から大御所まで。
先週末のKerri Chandlerでキックオフされた模様。
豪華な面子だなあ、と思う反面、とらえどころのないラインナップにも思えて、これがある意味混迷する今の音楽シーン(笑)の縮図なのかな、と無理矢理深読み。
今となってはアンダーグラウンドなシーンに音楽の最先端があるのかどうかも良く判りませんが、ざっくりした意味で新しい音楽に興味ある方はチェックしてみては。

僕もどれか一個くらいは行っておきたいけど、うーん、なんだか悩ましい。
緩そうかつ粗そうなこれが一番気になるかな。

工務店・住宅会社の方から、「今どんな音楽が流行ってるんですか?」みたいなご質問を頂くことが時折あるんですけど、答えに窮します。
個人的にはよく分からない。
特に日本国内においては誰も分かってないんじゃなかろうか、みたいな気になります。
細分化されたマーケットにおいて、小さな熱いムーブメントはあっても大きな潮流は見えないなぁ、と。

写真は新宿駅に貼られてたポスター。
渋谷ハチ公口周辺もレッドブルだらけでえらいことになってるな、と。リンク先の写真のとこだけじゃなく、東急の壁面もRed Bull Music Academy Tokyo 2014の告知になってました。所謂、「ジャックされてる」みたいな状態。

レッドブルはエクストリームなスポーツから音楽まで、アンダーグラウンドカルチャーのスポンサードを一手に担ってる感がありますが、国内でレッドブルを支えていると思われるビジネスマン層にこういう取り組みはリーチしてるんだろうか。

工務店・住宅会社の集客・雑貨店・カフェ・ガーデン事業のヒント
始める!ビレッジ戦略 http://info.village.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>